◆前回のあらすじ◆

海渡から魔力を感じとった小狼は、自宅でイギリスのエリオルに連絡を入れます。エリオルや歌帆もまた、次々とさくらの周りに集まる魔術師の存在を気にかけます。

次の日の朝の登校前、さくらは違う学校に通っている利佳と待ち合わせをします。さくらは秋穂のために利佳から絵本を借りたのです。学校では調理実習の授業としてロールケーキを作ることに。秋穂は海渡のために、さくらは小狼のためにロールケーキを作ることにします。

秋穂の家では海渡と人形だと思われたうさぎの『モモ』が会話をします。2人はいずれ訪れるその『時』を待っているのでした。

スポンサーリンク

(漫画)カードキャプターさくら

◆(一章)クロウカード編◆
第1巻1話2話3話4話5話)・(1巻まとめ
第2巻6話7話8話9話・10話)・(2巻まとめ
3巻4巻5巻6巻

◆(二章)さくらカード編◆
第7巻27話・28話・29話・30話)
第8巻(31話・32話・33話・34話)
第9巻(35話・36話・37話・38話)
10巻・11巻・12巻

◆(三章)クリアカード編◆
第1巻1話2話3話4話)・(1巻まとめ
第2巻5話6話7話8話)・(2巻まとめ
第3巻9話10話11話12話13話
第4巻14話15話16話17話18話
第5巻19話20話21話・22話・23話)

最新『カードキャプターさくら クリアカード編』

◆登場キャラクター◆

利佳ちゃんからもらった絵本

秋穂ちゃんが本が好きという事で利佳ちゃんから珍しい本を貰ったという事なのだと思います。『絵がこうぴょーん』だそうです(笑)。謎の表現ではありますが、おそらくこういった絵本の事だと思われます。

『飛び出す絵本』というものですね。本を開くと、絵がこうぴょーん!です(笑)。しかしよくできてますねぇ。

『転寝(うたたね)』は皆を眠らせる便利なカード

ロールケーキが暴れ出してしまい、さくらは慌てて『転寝』のカードを使い、皆を眠らせてしまいました。とても便利なカードです。

このカードはぜひとも初期のCCさくらの頃からほしかったカードでしたね。これからは『眠らせ作戦』で色々と誤魔化すことが出来そうです。

海渡が偵察にやってきていた?

今回出現した『襲い掛かるロールケーキ』達です。ほとんど動物系だったので、前回の話を見返すまでロールケーキの教育実習だったことを忘れていましたよ。皆、可愛くつくれてます。

しかし、皆の前でロールケーキが暴れてしまったら、世間は大騒ぎになってしまいますよ。

皆を眠らせた後、廊下でケロちゃんと遭遇。

さくら
『ケロちゃん! 出てきちゃ・・・!』

ケロちゃん
『みんな寝とるわ!』

というシーンがありました。

これはつまり『さくらは教室のみんなしか眠らせていない』という事なのだと思います。にもかかわらず、学校中のみんなが眠っていました。

このことから考えられることは2つ

——————–

①黒幕と考えられる海渡がコッソリと見ていた。さくらたちが調理実習の部屋から出てきたので前もって、海渡が学校中の皆を眠らせた

②さくらに自覚がないだけで、能力がパワーアップしており、さくらの考えている以上に広い範囲を眠らせてしまっていた。

——————–

クリアカードは確か魔力は関係なかったと思います。魔力とは違う何らかの力? ですから、ケロちゃんでも魔力以外のさくらの能力には気づかないと思うんですよね。おそらく魔力とは違う何らかの力があるのだと思うのですが・・・・・、現時点ではハッキリとしたことはわかりません。

スポンサーリンク

小狼が助けに来なかった

さくらたちが襲われていて、学校中のみんなが眠ってしまっているわけですから、小狼が助けに来なければおかしい状況です。にもかかわらず、小狼は全てが終わった後に駆けつけました。

やっぱり、海渡が来ていたのかもしれませんね。それで、小狼は海渡の方を偵察していた。だからさくらを助けに来れなかったと考えられます。着実に情報収集を進めているってことでしょうかねぇ。

『顕現(けんげん)』のカード

『さくら達に襲い掛かるロールケーキ』の図。さくらは大慌てで知世ちゃんの手を引きながら逃げていますが、知世ちゃんは比較的冷静です。

そう言えば、知世ちゃんはあまり驚いたりしているシーンがありませんね。対して、さくらがピンチの時は自分の事のようにさくらのことを心配しています。知世ちゃんの主観はかなりさくらよりです。

それはいいとして、今回のカードがこちら。

加工して真正面にしてみました。

クリアカードの中で、こんなに人間っぽいカードは初めての方な気がします。それでいて『顕現』だそうです。さくらは『この前習った』と言っていますが、私はこのような難解日本語を習った記憶はありません。

【意味】
◆顕現・・・はっきりと姿が現れること。また、物事をはっきりとあらわすこと。
◆appear・・・姿を見せる、出現する、現われる

そもそも、現れたのはロールケーキのお化けたちであって、カードの主である少女?は現れていませんよね。

そういえば、前回、クリアカード編で初appearした利佳ちゃんと雰囲気が似ているような気がします。

う~ん・・・・・あまり関係ないのかぁ・・・・・。

『時計の国のアリス』がカギだった

秋穂ちゃんが作ったロールケーキ。可愛く出来ています。とても時間が無かったとは思えないほどの出来です。むしろ、一つ一つどうやって作ったのか聞きたいくらいです。

この後、秋穂ちゃんが

秋穂
『飾りが無くなっちゃった後』
『さくらさん、何だか申し訳なさそうで・・・』

と語った時、海渡は笑い出しました。つまりは、事情を知っているってことだと思われます。やはり偵察していたんじゃないかなぁと。

そして、秋穂ちゃんは海渡が笑っているのにヒックリして、今後も笑ってほしいといった要望を出します。これはつまり、普段の海渡は『笑顔』にはなっても、本当の意味で『笑っている』ことはほとんどないという事なのだと思われます。秋穂ちゃんに言われて、海渡もそのことに気づかされたって雰囲気ですね。

そして、うさぎのモモが発した重要そうな言葉。

モモ
『・・・貴方のその「D」の魔力をもってしても』
『あの本の時間は止められないわ』

海渡
『・・・・・だからこそ』
『新しいカードが必要なんです』

『「D」の魔力』と言っているわけですから、以前エリオルが言っていた『「D」とはイギリスのある魔法協会で最高の魔術師に与えられる名』のことで間違いなさそうです。

そして『あの本の時間』ですね。『あの本』というのは『時計の国のアリス』の本で間違いないと思います。この本の時間を止めるために『新しいカード』を必要としているようです。

まだまだ分からないことだらけではありますが、海渡が悪いことを考えているわけでは無いという事は何となくわかったような気がします。

スポンサーリンク

◆漫画アニメ:クリアカード編◆