『これまで登場したカードの一部に“歯車”のような部品が・・・』といったコメントをいただきまして、一度、クリアカードを全てまとめてみようと思いました。

詳しくはやっていませんので、クリアカードの復習程度として参考にしてください。

スポンサーリンク

1枚目:『疾風』のカード

第1巻3話に登場した『疾風』のカード。

さくらが登校中、いきなり攻撃を仕掛けてきました。カマイタチのように、風で切り裂いてくる攻撃ができます。さくらは攻撃をかわし、初のクリアカードをゲット。

そして、カードの中に『歯車』が描かれています。

2枚目:『包囲』のカード

第1巻4話に登場した『包囲』のカード。

知世ちゃんと一緒に、さくらの部屋にいる時、急に内部に包み込まれてしまいました。風船のようにプニョプニョであったため、知世が持っていた『針』で割り、封印に成功。

3枚目:『水源』のカード

第2巻5話に登場した『水源』のカード。

さくらと知世が学校から帰宅中、急に雨がドシャ降りになり、そして攻撃を仕掛けてきました。『包囲』のカードでコアとなる部分を包み込み、封印。

4枚目:『反射』のカード

第2巻6話に登場した『反射』のカード。

チアリーディング部の練習後に現れたカード。目に見えず、さくらの攻撃を反射してきます。『水源』で水をまき散らし濡らすことで特定に成功。そして、封印。

今にして考えてみると、何故、皆がいなくなってしまったのか、理由がよくわかりません。そして、デザインが蝶っぽいのも謎です。

5枚目:『行動』のカード

第2巻7、8話に登場した『行動』のカード。

学校の授業中、校庭でいきなり木が足を生やしたかのように根っ子で歩き回ります。『包囲』で囲ったのちに、『水源』で木を浮かせ歩けないような状況にしたのちに封印。初めてのカードの合わせ技でした。

秋穂ちゃんが転校してきてすぐのカード。全て歯車。動力的な意味かな? 結構、重要な位置づけのカードなのかもしれません。

6枚目:『リボン?』のカード

第3巻10話に登場したカード。

校内でさくら、知世、小狼の3人で一緒にいた時に現れたカード。攻撃的な雰囲気でなかったため、カードは使わずに『仲良しになってくれる?』と語り掛けることで仲間?になってくれたカード。

ただ、カードの絵柄は不明。

7枚目:『記録』のカード

第3巻10話に登場した『記録』のカード。

さくらの周りを付きまとって記録していたカード。存在に気づいたのち、難なく封印。

特定のものを記録し、立体的に表現する能力がある。

8枚目:『透過』のカード

第3巻11、12話に登場した『透過』のカード。

秋穂ちゃんの家の本棚で、本を透明にしてしまっていることに気が付き、封印。

以上、2017年5月6日時点で、クリアカードは8枚です。

スポンサーリンク

『クリアカード』と『さくらカード』『クロウカード』の違いは?

『さくらカード』『クロウカード』たちは『命があり心がある存在』って感じでしたよね。

対して、『クリアカード』は何だか無機質なイメージです。唯一『リボン?』のカードのみ心があるような雰囲気でしたが、それ以外は何だか『機械的な物』という感じなんですよね。その全ての存在が『歯車で動いている』と言った感じなのかなぁ。

第12話では、秋穂ちゃんお気に入りの『時計の国のアリス』という本が登場しました。クリアカードは時計仕掛け・・・・・と言えるのかもしれません。

スポンサーリンク