カードキャプターさくらの中学生編となる『クリアカード編』のTVアニメは2018年1月からと発表されています。

それが始まる前に、小学生編となる『クロウカード編』と『さくらカード編』も再度視聴しておきたいですよね。NHKBSで再放送をやっているようですが、契約していないという人の方が圧倒的に多いと思います。

そこで今回は、条件付きではありますが無料でアニメを観れる方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

『dアニメストア』の31日無料期間を活用しよう

インターネットの世界でアニメを観ることができるサイトは色々あると思いますが、その中で最大手となるのが『dアニメストア』というサイトとなります。

『dアニメストア』は月々432円で古いアニメも新しいアニメも見放題のサイトとなります。いくら見ても、金額は月額432円なんですよ。レンタル屋さんでアニメを借りるよりも断然お得なサイトとなっています。

そして、このサイトがお勧めなのは、この『初回31日間無料お試し期間』が存在するってことですね。無料期間中にCCさくら全70話を観てしまって、料金発生前に解約してしまえば、無料で全部見ることができる・・・という寸法です。

ただし、この『31日間無料』には落とし穴があります。実はdアニメストアは1日~31日締めで料金が発生するサイトのようです。ですから、例えば25日に登録すると無料期間は7日程度しか存在しません。月が替わったら料金が発生するんです。

例1)
・5月1日に登録
・5月31日まで無料(無料期間31日)
・6月1日から料金が発生

例2)
・5月25日に登録
・5月31日まで無料(無料期間7日間)
・6月1日から料金が発生

まぁ、月々432円ですから、そこまで厳密に考える必要もないかなと思いますが、気にする方はその点、意識しておくといいですよ。

なお、紹介している私ではありますが、実は私自身、登録はしていません。理由は、料金の支払方法がクレジットカードだからです。携帯がドコモの人は、携帯料金と一緒に払えるみたいなんですけどね。私はドコモではないですし、クレジットを持ちたくはない派なので、現在、躊躇しています。コンビニ支払いや、銀行振り込みが可能なら間違いなく登録するのですが・・・・・。その点、どうにかしていただきたいものです。

なお、無料期間で申し込む際にもクレジット登録が必要となります。ですから、クレジットが無ければどのみち無料期間も使えないってことなんですね。

スポンサーリンク

『dアニメストア』のメリットは?

色々なアニメを月々432円で好きなだけ見れる

支払う料金は『月々432円』のみです。映画やOVAなどは別料金が発生してくる場合もあるようですが、それ以外の通常アニメは好きなだけ見ることができます。

新作アニメも見れる

例えば現在リアルタイムで放送されている、2017年の春の新作アニメも見ることができます。

列挙しますと、

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場・アリスと蔵六・有頂天家族2・エロマンガ先生・王室教師ハイネ・カブキブ!・銀の墓守り・GRANBLUE FANTASY The Animation・サクラダリセット・終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?・進撃の巨人 Season 2・スタミュ 高校星歌劇(第2期)・ゼロから始める魔法の書・ソード・オラトリア・ツインエンジェルBREAK・つぐもも・夏目友人帳 陸・ねこねこ日本史(第2シリーズ)・信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~・ひなこのーと・覆面系ノイズ・武装少女マキャヴェリズム・フレームアームズ・ガール・ベルセルク(第2期)・まけるな!! あくのぐんだん!・ラブ米 -WE LOVE RICE-・Room Mate・恋愛暴君・ロクでなし魔術講師と禁忌教典・笑ゥせぇるすまん NEW

ここでタイトルをあげたアニメ作品は、月額432円を払っていれば見ることができます。結構な数のアニメを取り扱っているんですよ。

住んでいる地域は関係ない

好きな作品がアニメ化され楽しみにしていたところ・・・・・自分が住んでいる地域では放送されない!? そういった経験を持つ方も多いと思います。

dアニメストアは『ネット配信』であるため、住んでいる地域は関係ありません。どんな地域に住んでいようとも、dアニメストアと契約していれば、必ず見ることが可能です。(海外は無理かもしれません)

観たい作品があるかチェックしておこう

dアニメストアに自分の身たい作品があるかチェックしてみましょう。

サイトの上部に『さがす』というものがあります。ここをクリックしますと検索できますよ。好きなアニメ作品名を入力してチェックしてみてください。古い作品ほど、無い場合があるんですよ。

私自身が検索してみて感じですと・・・・・

◆有った作品

カードキャプターさくら、ツバサ・クロニクル、魔法剣士レイアース、こばと。、北斗の拳、幽遊白書、スラムダンク、聖闘士星矢、キン肉マン、シティーハンター、鉄腕アトム、銀河鉄道999

◆無かった作品

るろうに剣心、ヒカルの碁、エースをねらえ、うる星やつら、めぞん一刻、らんま1/2、犬夜叉、境界のRINNE

だいたい有名どころは抑えているような気もするのですが、高橋留美子作品が全てないのは驚きでした。それ以外も、チラホラ有名どころがありません。

ただ、最近のアニメでしたらかなり高い確率で観られると思います。また、古い作品でレンタル屋さんではおいて無いような作品が観れたりするってのもポイント高いんですよね。

クリアカード編はBSの衛星放送だと思われます

NHKアニメは日本全国どこででも観れます。しかし、例外となるのが・・・・・『NHK BS(衛星)』です。

ご存知の方も多いとは思いますが、前作のアニメ『カードキャプターさくら』は1998年にNHKのBS(衛星放送)で放送されました。地上波で放送されたのは一年後の1999年です。

ですから、2018年1月から放送予定のクリアカード編も、おそらくBSの放送になると思います。地上波は、早くて2019年からになるかと。

ですから、クリアカード編をリアルタイムで観たいと考えている方は、今のうちにBSを検討した方がいいです。個人的には最初から地上波にしていただきたいのですが、再放送の方もBSでやっているところから見ると、どう考えてもBSなんですよねぇ。

では、ネット配信となるdアニメストアで観ることができるのか・・・・・と考えてみても、考えるまでもなく無理でしょうね。NHKにとって何のメリットもないんです。BSの視聴者を増やしたいという目論見でBSにするのならば、ネット配信サイトと契約するはずがありません。どう考えてもBSオンリーなんです。

6月でアニメ半年前になりますので、そろそろ公式の方でも『BSでやりますよ』という発表が出てくるかもしれません。そうなりましたら覚悟を決めて、BSにする方法でもちょっと調査して記事にまとめていこうかなと思います。

スポンサーリンク