前の記事にて『前作最終回のさくら』と『クリアカード編のさくら』の成長度合いが違うと指摘している方のツイッターをご紹介いたしましたが、これってホント、おかしいんですよね。

ちょっと考えてみると『クリアカード編は夢落ちで終わるのでは?』とも思えてきます。今回、その点を推論・考察してみようと思います。

スポンサーリンク

(漫画)カードキャプターさくら

◆(一章)クロウカード編◆
第1巻1話2話3話4話5話)・(1巻まとめ
第2巻6話7話8話9話・10話)・(2巻まとめ
3巻4巻5巻6巻

◆(二章)さくらカード編◆
第7巻27話・28話・29話・30話)
第8巻(31話・32話・33話・34話)
第9巻(35話・36話・37話・38話)
10巻・11巻・12巻

◆(三章)クリアカード編◆
第1巻1話2話3話4話)・(1巻まとめ
第2巻5話6話7話8話)・(2巻まとめ
第3巻9話10話11話12話13話
第4巻14話15話16話17話18話
第5巻19話20話21話22話23話
第6巻24話・25話・26話・27話・28話)

最新『カードキャプターさくら クリアカード編』

◆登場キャラクター◆

『前作最終回のさくら』と『クリアカード編のさくら』は明らかに違う

まず、『前作最終回のさくら』『クリアカード編のさくら』の見た目を比較してみようと思います。


▲左が前作最終回のさくら・右がクリアカード編のさくら

これは『小狼と再会する直前のさくら』です。『前作最終回のさくら』は成長しているように見えます。しかし、『クリアカード編のさくら』は小学生の時からたいして成長しているようには見えません。

おかしいと思えるのは『見た目』だけではありません。明らかに『時系列』もおかしいんです。

クリアカード編の第1話にこのようなシーンがあります。

▲どう考えても、さくらが初めて中学の制服を着た日です

お父さんがこのような感想を言うという事は『さくらが初めて中学の制服を着た=中学の入学式あたりである』ことを意味しています。

それに対して、『前作最終回のさくら』はこのようなことを言っています。


▲前作最終回、小狼と再会する直前

さくら
『またお兄ちゃんに中学になっても』
『寝坊してるって言われちゃうー!』

これは、さくらが『中学生になって何度もお兄ちゃんに指摘されたことがある』ということを意味します。

同じ『小狼と再開する直前』であるにもかかわらず、どう考えても『前作最終回のさくら』と『クリアカード編のさくら』は異なったタイミングで小狼と再会しているように思えるんですね。

スポンサーリンク

夢十夜? さくらは複数の夢を見ている?

第2話、そして第3話で奇妙な夢の話がありました。

①さくらが夢の中で『夢の鍵』を入手
②目を覚ますと、窓の外に竜のような何かが?
③目を覚ますと、夢の中の『夢の鍵』を持っていた

この時の夢の話が一番奇妙でした。夢を見て、目を覚ましたはずなのにさらに夢を見ていました。そして、目を覚ますと夢の中で手に入れた『夢の鍵』を持っていました。これは一体、何を意味しているのか?

ここで奇妙だと感じたことが2つ。

・さくらは複数の夢を見ている?
・夢の中のアイテムが何故現実に?

まず、第10話までで、さくらが見た夢は2種類です。『フードの人物が登場する夢』『竜が登場する夢』です。特に第2話、第3話は連続して違う夢を見たことから、ある意味、ここはクランプ先生からの大きなヒントであったと考えられるのかもしれません。

また、第10話の授業で登場した『夢十夜』から考えてみますと、やはり『さくらは複数の夢を見ている』と考えた方が自然であるように思えるんですね。

そして、一番奇妙なのが『夢の中のアイテムが何故現実に』というところ。

今までさくらは『予知夢』ということで、未来におこることを夢で見ることはありました。しかし、この時は『夢のアイテムが現実の世界に現れた』わけです。これは、明らかに今までにないパターンです。

夢の中のアイテムが現実に現れる・・・・・。この事実に基づいて私自身が考えられることは一つです。

『この世界は本当に現実なのか?』
『現実だと思い込んでいる夢の世界なのではないか?』

といこと。

『記録』のカードで自分におこっている異変に気が付く?

第9話第10話と何やらさくらは『記録する事』にこだわっているように思います。


▲急に記録することにこだわり始めます

まだ『記録』のカードがどういった使い方になるのか明らかになっていませんが、おそらく『写真』や『動画』のようなものを、さくらが独自に記録することができるカードになってくるのではないかなと思っています。

そして、そうやって『記録』することによって、さくらは異変に気付くのだと思います。『何かがおかしい』と。そうやって、物語の核心にせまっていくという流れになってくるのではないでしょうかねぇ。

クリアカード編は小狼がさくらを夢から救い出す物語

ということで、推論です。

小狼が香港に戻ってしまったのは、(小学5年生になったという表現が無かったため)さくらが小学4年生の頃です。

さくらは小狼に早く戻ってきてほしいと考えています。しかし、なかなか戻ってきません。5年生、6年生と待ち続けますが、戻ってきません。


▲小狼と会えない日々が続き病んでいます

さくらはその寂しさから、次第に『夢』を見るようになります。それは『夢』というよりも『願望』でした。

『小狼君に戻ってきてほしい』
『小狼君とずっと一緒にいたい』

そういった願望をずっと持ち続けていました。

そして、その願いがあまりにも強すぎたために、さくらの力が一種の暴走を引き起こしてしまいます『願望(=夢)が現実を上回ってしまう』という暴走です。

夢1(← さくらが現実だと思い込んでいる世界)
・夢2
・現実

この異変に気が付いたのがエリオル。さくらの力は周りの人たちをも何らかの形で巻き込んでいきます。そして、さくら自身も力の暴走で危険な状況です。何とか食い止める必要があるのです。

そこで、エリオルは小狼に連絡をとります。

小狼は、さくらの夢の一つにもぐりこみます。それが、本編第1話の『小狼との再会シーン』です。


▲クリアカード編第1話より

これは現実の世界ではありません。あくまで、さくらが見ている夢の一つに過ぎないのです。

・夢1
・夢2
・夢3
夢4(← 小狼がもぐりこんだ夢の世界)
・現実

つまり、クリアカード編と言うのは、さくらの現実の世界ではなく『小狼がさくらを助けるためにもぐりこんだ、さくらの夢の世界の一つ』ということです。

この後、小狼の活躍で、さくらの夢の暴走を食い止めることに成功します。

そして、さくらが中学2~3年生くらいの時期に、小狼は日本に戻ってきます。それが『前作最終回』というわけです。


▲前作最終回より

あくまで、クリアカード編は夢の中の出来事でしかありません。ここでやっと、さくらと小狼は現実の世界で再会できたということになります。

◆あとがき◆

『さくらの夢の世界説』は第8話を書いたときにNさんがコメントしてくださったことを参考にさせてもらっています。

この時はまだクリアカード編を大雑把に流し読みした程度の『さくら初心者』であったため、あまりピンときませんでしたが、第10話の『夢十夜』によって、十分考えられることだなと思えたんですよね。

ただ、今回書いた内容でも、チラホラと引っかかるところがあるといいますか、いまいちしっくりこないところもあります。もう少しストーリーが進んでくれないとよくわかりませんねぇ。

おそらく『夢十夜』が今後のストーリー展開を予想する上での大きなヒントなのだと思います。まだ3話程度しか読んでいません。今月はやること多いので、読む時間をつくれるか怪しいところ。そのうちジックリと読んで考えを巡らせてみようと思います。

スポンサーリンク