単行本2巻の第7話。クロウカード編です。

今回登場するのは『花』のカード。害はないとのことですが、皆、花びらでおぼれてしまいそうです。そして、園美と撫子の思い出。早くして撫子は病死してしまい、お父さんも園美も悲しい思いをするのでした。

スポンサーリンク

(漫画)カードキャプターさくら

◆(一章)クロウカード編◆
第1巻1話2話3話4話5話)・(1巻まとめ
第2巻6話7話8話9話・10話)・(2巻まとめ
3巻4巻5巻6巻

◆(二章)さくらカード編◆
第7巻27話・28話・29話・30話)
第8巻(31話・32話・33話・34話)
第9巻(35話・36話・37話・38話)
10巻・11巻・12巻

◆(三章)クリアカード編◆
第1巻1話2話3話4話)・(1巻まとめ
第2巻5話6話7話8話)・(2巻まとめ
第3巻9話10話11話12話13話
第4巻14話15話16話17話18話
第5巻19話20話21話22話23話

最新『カードキャプターさくら クリアカード編』

◆登場キャラクター◆

走り続けるお父さんと園美

空から大量に降り続ける花びら。もはや100m走どころではありません。

しかし、そんな状況でもお父さんは走ります。

園美も泳いででもとゴールを目指します。

ゴールの紐をもっていた千春ちゃんと利佳ちゃんでしたが、花びらでおぼれそうなため、桃矢と雪兎が変わってあげます。

花びらの正体は『花』のカード

この非常事態、さくらと知世は空を飛び状況を確認。

学校の屋上が花びらの発生源でした。

そこにいたのは、花びらと共に踊っているクロウカード。

花のカードはさくらをみつけると、さくらの手を取って一緒に踊りだします。

ケロちゃん曰く、楽しいことが大好きなだけで特に害はないようです。

とは言っても、このままでは花びらで学校が埋まってしまいます。さくらは急いで、カードへ戻すのでした。

運動会の結末

花びらが降り続いていても走り続けたお父さんと園美。

結局、お父さんが1位でゴールテープを切るのでした。

これだけ花びらが大量にあってはもう競技はできそうにありません。

仕方がないので、皆で掃除をすることになりました。

スポンサーリンク

園美の不満と悲しみ

園美は、校舎裏にお父さんを呼んで、不満をぶつけます。

園美
『くやしい、くやしい、くやしいいいい!』
『高校のときからずっとこうなんだから!』
『先生に撫子を渡したくなくて何度も勝負して!』
『でもいっつも負けるのよ!!』

お父さん
『わざと負けたりしたら君に失礼だから』
『君が撫子さんをどんなに大事に思ってるか知ってるから』
『だから、僕も一生懸命頑張ったんだ』

園美
『あーいまでも思い出すわ! あなたと撫子の新居!』
『ちっこいアパートに二人暮らしで!』
『新米教師のくせに一緒に登校なんかしちゃって!』

その状況をこっそりと覗くさくらと知世。

揉めているようなので、先ほど入手した『花』のカードを使って、『撫子の花』をふらせてあげます。

二人の話は、撫子との幸せだったころの話へと移行します。

園美
『わたしが、一番撫子のこと好きだったのよ』

園美
『幸せだったくせに、こんなに早く逝っちゃうなんて・・・』

お父さん
『・・・ごめんね』
『16歳から27歳までぼくが一番』
『撫子さんとの時間をもらってしまったから・・・』

園美
『あなたのそういう所がきらいよ』

私もさくらちゃんが大好きですわ

なんだか仲直りしているように見えて、安心するさくらと知世。

知世
『わたしもさくらちゃんが大好きですわ』

さくら
『わたしも!』

さくら
『なにかいった?』

知世
『わくらちゃんがもうすこし成長したら』
『お話ししますわ』

スポンサーリンク