◆前回のあらすじ

授業参観の後に、海渡はさくらたちに何かを仕掛けようとしますが、その時、目の前に『撫子』が現れそれを阻止します。撫子は海斗に『謎の女性』との記憶を見せ何かを気付かせようとしますが・・・・・。

そんな海渡の存在に小狼が気が付きます。海渡は小狼が自分に気が付かないように術をかけていましたが、成長する小狼はそれを打ち破ったのです。海渡は時間を止め、小狼との戦いとなるのですが・・・・・・・さくらもまた海渡の時止めの術を打ち破っており、海渡と小狼が戦っている姿を目撃してしまいます。

スポンサーリンク

(漫画)カードキャプターさくら

◆(一章)クロウカード編◆
第1巻1話2話3話4話5話)・(1巻まとめ
第2巻6話7話8話9話・10話)・(2巻まとめ
3巻4巻5巻6巻

◆(二章)さくらカード編◆
第7巻27話・28話・29話・30話)
第8巻(31話・32話・33話・34話)
第9巻(35話・36話・37話・38話)
10巻・11巻・12巻

◆(三章)クリアカード編◆
第1巻1話2話3話4話)・(1巻まとめ
第2巻5話6話7話8話)・(2巻まとめ
第3巻9話10話11話12話13話
第4巻14話15話16話17話18話
第5巻19話20話21話22話23話
第6巻24話25話26話27話28話29話
第7巻30話31話32話33話34話35話
第8巻36話37話38話39話40話41話
第9巻42話43話・44話・45話・46話・47話)

最新『カードキャプターさくら クリアカード編』

『海渡の術』が通用しなくなってきている

◆さくらの能力が海渡を超えた!?

『認識齟齬』・・・小狼に破られる
『時止め』・・・・さくらに破られる

『認識齟齬』の時は『撫子さんに気を取られていた』ってのがあったため、小狼に破られてしまったようです。

しかし、『時止め』の方は普通にさくらに破られてしまったっぽいですね。

海渡はかなり優秀な魔術師のようですが、これは『さくらの魔力の方が上回っている』ということなのかもしれません。そして、小狼もどんどん成長しているのでしょう。

◆小狼、さくらを守る

時間を止めたはずなのに『さくら』は動くことができました。

海渡はさくらに何か術を仕掛けようとします。それを見て、小狼は『光』と『闇』のカードにさくらを守らせます。どんな攻撃が来るかわからないため一番高位なカードでさくらを守らせたようです。

海渡は『さくらが創るカード』が狙いなわけですから、さくらが傷つくようなことをするはずがありません。おそらく再び『さくらの時間を止めるための術』を使おうとしたのだと思います。

再び仕掛けるということは『1回目の時止め』は手抜きで『2回目』はさらに強力なものを出せるということなのかもしれませんね。

そう考えると、現時点では『海渡の方が魔力は上』ということなのかもしれません。

スポンサーリンク

海渡の狙いは?

◆さくらが創るカードが欲しい

さくらに何かを仕掛けてきている海渡に、小狼は『何をしようとしている』と問いかけます。

海渡
『さくらさんが創る「カード」が欲しいんです』

海渡
『(なんのカードであるか)それを言うと』
『きっと物凄く怒ると思います』

『物凄く怒る』ということはどういうことか? 小狼にしてみれば最悪の事態を想定して『さくらに危害を与えるもの』であると判断せざるを得ないでしょうね。

◆未来は変えられる

海渡
『これからどういった「先」になるかは』
『力の強い者が選べるということ』

小狼は『李家現当主が占った未来を止める為』にさくらの元にやってきたようです。

これはどういうことかというと『占ったことが必ず起こる』ということではなく『頑張れば未来を変えることができる』ことを意味します。

『李家現当主』がどのレベルで占うことができるのかはわかりませんが、かなり優秀な占いができるのでしょう。それを変えるのは並大抵のことではないはずです。小狼は現在、それに挑戦しているってことなのでしょうね。

そして、海渡もまた同じってことかな。ある意味、小狼と海渡は似たような立場なのかもしれません。

海渡が望む『カード』は?

海渡
『さくらさんにはカードを作っていただきます』
『禁忌の魔法を発動させるために』

この発言から『禁忌の魔法を発動させるにはさくらが創るカードが必要』だととれます。

しかし、別の考え方もできると思うんですね。例えば『先に、禁忌の魔法ではできないことをやる必要がある』というパターンです。

海渡
『・・・・惜しい』

海渡と小狼が戦おうとしたとき、さくらは新しいカードを創って『さくらと小狼の位置』を入れ替えました。どうやらそのカードは『海渡が望むカード』に近かったようです。

では、海渡が望むカードは何なのか?

◆予想『生まれる順番を変える変える』

・海渡と秋穂が『兄妹』であるとする場合
・海渡は『魔法具の秋穂』を助けたいと思っている
・後から生まれた秋穂が魔法具にされた
・では、時を戻して生まれる順番を変えれば助けられる
・海渡が『代わりの犠牲者』となる

こういった可能性もあり得るかもしれません。

ただ、生まれる前まで時間を戻すとなると

・自分自身の記憶はどうなるのか
・生まれる前の世界に影響をあたえることはできるのか

まぁ、色々と難しい問題は残ると思います。それを可能にするのが『禁忌の魔法』なのかもしれません。

スポンサーリンク

◆漫画アニメ:クリアカード編◆