◆前回のあらすじ◆

イギリスから戻ってきた秋月とスッピー。スッピーはケロちゃんの元にやってきました。ケロちゃんはさくらを信用しているため、部屋でスッピーとゲームを楽しむことに。秋月は雪兎(ユエ)と常に一緒にいられるように同じ大学に通うことになります。

さくらのプールの授業中、急に時間が止まります。それはさくらの魔力の暴走ではなく、別の誰かによるものでした。その時、さくらに攻撃を仕掛けてきたのは『秋穂』でした。まるで誰かに操られているかのような秋穂は・・・・・!?

スポンサーリンク

(漫画)カードキャプターさくら

◆(一章)クロウカード編◆
第1巻1話2話3話4話5話)・(1巻まとめ
第2巻6話7話8話9話・10話)・(2巻まとめ
3巻4巻5巻6巻

◆(二章)さくらカード編◆
第7巻27話・28話・29話・30話)
第8巻(31話・32話・33話・34話)
第9巻(35話・36話・37話・38話)
10巻・11巻・12巻

◆(三章)クリアカード編◆
第1巻1話2話3話4話)・(1巻まとめ
第2巻5話6話7話8話)・(2巻まとめ
第3巻9話10話11話12話13話
第4巻14話15話16話17話18話
第5巻19話20話21話22話23話
第6巻24話25話26話27話28話29話
第7巻30話31話32話33話34話35話
第8巻36話37話38話39話40話・41話)

最新『カードキャプターさくら クリアカード編』

さくらが体験する秋穂の話

今回は『さくらが秋穂の幼いころを体験』するという状況で話が始まりました。

さくら
『誰の声なの?』

どうやら『物語を語る台詞』がさくらには聞こえているようですね。てっきり『読者のための解説文』だと思っていたのですが、明確に『そうではない』とクランプ先生は主張したいようです。

それを主張することにどういった意味があるのか・・・・・? う~ん・・・・・。『秋穂の中は「本」である』ということを印象付けたかったと言うことでしょうかねぇ?

◆さくらが体験する『秋穂の過去』

・秋穂は魔術師の一族の子であるにもかかわらず魔法が使えない
・魔術協会の回答は『秋穂は真っ白な本のように何もない』
・『真っ白な本』なら魔術を書き込めるのでは?
・秋穂は全ての魔術を吸収できるように改造?された
・「ひと」を魔法具にする術を施した
・『禁書』も含めた魔術を秋穂に書き込む
・魂が壊れても問題ない

なるほど・・・・・。気になったポイントは・・・・・

◆『秋穂は真っ白な本のように何もない』

これを言ったのは確か『海渡』でしたよね? つまり、『秋穂が「本」にされるきっかけを作ってしまったのが海渡である』ということになってきます。

◆『禁書を娘に書き込んだ後、本は燃やしてしまえばいい』

これは奇妙な発言です。秋穂に禁書を書き込んだとしても、秋穂は人間なわけですから『寿命』があります。100年後、生きているはずはありません。にもかかわらず『本を燃やしてよい』ということは・・・・・『秋穂は記録するためだけの魔法具であり人間ではない』ということになってきます。

つまり『魔法によって改造されてすでに人間ではなくなっている』ということですね。千年でも一万年でも生きられると言ってしまえば聞こえはいいですが、後の内容から察するに、秋穂が人間としての心を失うのは時間の問題であるようです。

スポンサーリンク

海渡にとって想定外の出来事か?

『海渡がさくらに秋穂ちゃんをけしかけた』のかと思いましたが、これは海渡にとっては想定外の出来事だったようですね。秋穂も含めて全ての時間を止めてしまいました。最終的には時間を戻して、なかったことにしてしまいます。

・秋穂の内部にある『本』が秋穂を操っている
・秋穂内部の『本』は魔力や術を集めようとしている
・たくさん書き込み過ぎて『意識』が押しつぶされ始めた

今までさくらが作った『カード』も秋穂は自分の『本』に記録しているんでしょうね。そして、それが膨大な量になってしまっているため、秋穂の意識まで奪い始めてしまった、と。秋穂は極めて危険な状況になってしまっているようです。

今回、海渡の想定外で秋穂が暴走してしまったのも『「本」に書き込まれた量が秋穂の意識を奪うほどの量になっている』ことが原因だと考えられます。

・・・・・この設定は2005年のアニメ『Air』に近いですね。ヒロインの美鈴が『翼人』としての過去の記憶を思い出していくのですが、その記憶の量があまりにも膨大であるため耐え切れずに最終的には死んでしまう、という話です。

とても有名な作品ですから皆さんも知っているかもしれませんね。クランプ先生も影響を受けたのかな?

これ以上、秋穂が魔力や術を集めてしまうと危険であるため、海渡は『秋穂の中の「本」の時間』を止めることにします。あくまで『止める』ですから、解決ではありません。

『時間を止める』行為でも海渡の寿命は縮んでしまいます。『長期間』止め続けるとなるとやはり影響も大きいのではないでしょうか。海渡は大きな爆弾を背負い込んでしまったことになります。

海渡
『でも、使えるほどには(寿命は)残っていますよ・・・まだ』

もう大分残ってなさそうです。

モモ
『「魔法は発動させる」のね』

よく意味が分かりません。おそらく『秋穂にとってはプラスになるけど、海渡にとってはマイナスでしかない何かの魔法』を指しているのでしょう。

何にしても、海渡のライフがゼロになるのは時間の問題です。

海渡が秋穂のことをさくらやエリオルに相談すれば、2人は秋穂を助けるために必ず協力してくれるはずです。しかし、海渡はそれをしません。何故か? 海渡はソロで生きてきたようなタイプです。また、天才であるがゆえに人を頼るような生き方をしたことは無いでしょう。ですから『誰かに協力を求める』という発想がそもそも存在しないのだと思います。

この点をさくらが気づいてくれるといいのですが・・・・・。

さくらは知ってしまったのか?

海渡は『秋穂の暴走』が始まる少し前まで時間を戻します。・・・・・が、さくらは秋穂に抱きつき泣き出してしまいました。

これは、おそらく『さくらは秋穂の過去の記憶を忘れなかった』からだと思います。海渡が時間を戻したため記憶に存在しなくなるはずなのですが、さくらは前回『海渡が時間を戻した』時もずっと『違和感』を感じていました。海渡の時間を戻す魔法を破り始めていたわけです。

そして、今回、海渡の魔法を破ることができたため記憶が残っていたのでしょう。そして『秋穂の過去』を知ってしまったため『秋穂のためにできることは何か』を考え始めているのだと思います。

ストーリーが大きく動き出したような気がしますねぇ。・・・・・やっぱ、10巻くらいで終わる予定なのかなぁ?

スポンサーリンク

◆漫画アニメ:クリアカード編◆