◆前回のあらすじ◆

秋穂と海渡がティータイムを楽しんでいるところ、海渡は外からなんらかの気配を感じ取ります。魔術協会が魔法で攻撃してきたのです。しかし、海渡の時間を止める能力によりそれは簡単に阻止されます。

さくらの目の前で、小狼は幼児化してしまいました。どうやらさくらが『もっと小さい時に出会えていたら』と願ったことが原因のようです。さくらは小狼を幼児化した魔法をカードにし、小狼を元の姿に戻します。小狼はさくらに対して『秋穂』と『海渡』に関しても知っていることを伝えようとしますが・・・・・海渡の魔法でそれを阻止されてしまいます。

スポンサーリンク

◆漫画アニメ:クリアカード編◆

知世ちゃんがフラグを立てる

学校で、さくらと小狼は知世ちゃんに、昨日起こった『小狼の幼児化』に関して話をします。

知世
『もし意識も小さいころに戻ってしまわれたら』
『さくらちゃんにどんな反応をなさったか!』
『そしてそんな李君にさくらちゃんはどう対応なさったのか!?』

知世ちゃん、魔法の暴走体質になってしまっているさくらを煽ってしまいます。さくらがそういった願望を持ち始めたら本当にそういった魔法を産み出してしまいますよ。

というか、絶対にさくらはそういった願望を持っています。さくらが時間を操る能力を身につけるのは時間の問題かもしれません。

スポンサーリンク

秋月とスッピーの今後

『さくらの魔力の暴走で、ケロちゃんとユエは魔力不足になっている』

・・・・・ということで、ケロちゃんのところにはスッピーがやってきました。そんなこんなで、ケロちゃんはスッピーとゲームを楽しむことに!

ケロちゃん
『カード作ってんのがさくらで』
『それをきちんと知ったんやったら』
『さくらはなんとかするやろ』

『それでも何ともならんことがあったら』
『その時がわいらの出番や』

・・・・・『信頼している』と言ってしまえば聞こえはいいのですが、果たしてこれは『信頼している』という問題なのかなという気もします。

◆ケロちゃんが知っている情報

・海渡は魔法協会の『術具』をかっぱらって波紋されている
・海渡はエリオルより強い
・海渡の狙いはさくらが産み出しているカード?
・秋穂は魔力を持っていない
・さくらは魔力が暴走し独自の魔法具を産み出している

うーん・・・・・さくらは危機的な状況ですよ。安心できる要素が無いように思えます。『海渡の強さ』と『エリオルとの通信を遮断されている状況』を考慮しても安心できる要素はありません。それこそ、眠くないなら学校についていった方がいいのではないでしょうかねぇ。

そういえば、さくらと秋穂ちゃんが『学校にケロちゃんとモモを持っていく』という設定がなくなりましたね。クランプ先生的には何となくそうしたけど『ストーリーを進めていくうえでむしろ邪魔』と判断されてしまったのかもしれませんね。

一方、秋月さんの方は、雪兎と常に一緒にいるために同じ大学に入学することになっています。果たして、秋月さんに大学に入学するだけの学力はあるのか!?

ということで、今後は『雪兎』+『秋月』のコンビの行動が増えてくると思います。それに桃矢が絡んでくるって感じでしょうね。

秋月さんの存在がユエにとってプラスに働くなら、桃矢にとってもプラスになって『桃矢の魔力?』にも良い影響を与えてくれるかもしれません。桃矢は新たな能力に目覚める、かも!?

水泳の授業で海渡が仕掛けてくる

今日、さくらのクラスは『プールの授業』が行われます。そこへ海渡がのぞきにやってきました。いけない男です。・・・いや、そういう話ではありませんが(笑)。

海渡
『さくらさんはカードができる理由を知ってしまいましたから』

つまり『さくらは自分が願ったカードを作れる』わけですから、『海渡自身が問題を起こして、海渡が望むカードをさくらに作らせる』という作戦なのだと思われます。『さくらカード編のエリオル』を思い出す流れですね。

プールの授業中、『さくら』と『小狼』以外のみんなの時間が止まってしまいました。さくらも『自分ではない誰かの魔法』であることに気が付きます。

そこで仕掛けてきたのは・・・・・『秋穂ちゃん』でした。

秋穂
『強い力、強いわ』
『本に書かれたものではないけれど、でも』
『この中に、綴じなければ、この本の中に』

ええ? これって海渡が操っているんでしょうかねぇ? 海渡ではない別の誰か、というか魔術協会の人間に操られているかのような雰囲気だと思うのですが・・・・・しかし、海渡が仕掛けましたよね?(困惑)

さすがにこういった状況になってくると、さくらも『秋穂には普通とは違う何かがある』ことに気づくでしょう。海渡はそれをさくらに教えたほうがいいと判断したというわけですか。

もしかしたら海渡は、ある程度の情報をさくらに教えて『秋穂を守ってほしい』という方向にもっていこうとしているのかもしれません。そうすれば、さくらは『秋穂ちゃんを守るためにどうすればいいのか』を真剣に考え始めるでしょうし、その結果として『海渡が望んでいる魔法を作り出す』という計画なのかも・・・・・!?

スポンサーリンク

◆漫画アニメ:クリアカード編◆