◆前回のあらすじ◆

曾おじいさんがさくらにプレゼントしたかったものは『別荘』と『撫子が大事にしていた時計』でした。しかし、別荘の方はお父さんが丁重にお断りしていました。曾おじいさんは撫子の形見である時計をさくらにプレゼントします。

ケルベロスとユエの元へ、今まで音信不通だったエリオルから連絡が来ます。エリオルによると、海渡は魔術協会に所属していたものの、門外不出の術具を紛失したことから魔術協会を破門にされていました。実際は、海渡自身が保管しているのだろうと。協会は海渡の力と術具を恐れて手が出せない状況にいるのです。

スポンサーリンク

(漫画)カードキャプターさくら

◆(一章)クロウカード編◆
第1巻1話2話3話4話5話)・(1巻まとめ
第2巻6話7話8話9話・10話)・(2巻まとめ
3巻4巻5巻6巻

◆(二章)さくらカード編◆
第7巻27話・28話・29話・30話)
第8巻(31話・32話・33話・34話)
第9巻(35話・36話・37話・38話)
10巻・11巻・12巻

◆(三章)クリアカード編◆
第1巻1話2話3話4話)・(1巻まとめ
第2巻5話6話7話8話)・(2巻まとめ
第3巻9話10話11話12話13話
第4巻14話15話16話17話18話
第5巻19話20話21話22話23話
第6巻24話・25話・26話・27話・28話)

最新『カードキャプターさくら クリアカード編』

◆登場キャラクター◆

『さくらの魔力の暴走』と『海渡の暗躍』だった

クリアカード編でさくらの身に起こっていることは『さくらの魔力の暴走』と『海渡の暗躍』の2つの同時進行でした。なるほど、『一つの事態しか起こっていない』と考えてしまっていました。盲点でしたねぇ。

状況をまとめると

・さくらの強すぎる魔力が暴走してしまっている
・海渡が何らかの目的でさくらに近づいてきた

ということのようです。

海渡としては『何らかの目的があり、さくらの魔力の暴走をうまく利用したい』といったところでしょうか。

エリオルとしては『さくらの魔力の暴走だけでも厄介なのに、海渡が何やら怪しい動きを見せるので、なおさら慎重にならざるを得ない』といったところかな。

スポンサーリンク

『クリアカード』はさくらが生み出していた

今回の話で『クリアカードはさくらの暴走で、さくら自身が無意識に生み出していた』ことが発覚します。ということは『クリアカード=さくらカード』ということかもしれませんね。

てっきり、海渡が盗んで、隠し持っているのかなと思ってましたよ。

海渡の妨害

エリオルと連絡を取り合っていたケロちゃんとユエでしたが、海渡によって妨害されてしまいます。海渡自身、もう自分の正体はバレてしまっているだろうからということで、直接的な妨害行為を行ってきているようです。

クリアカード編のクライマックスが近づいてきた印象ですね。

海渡の妨害は魔法だけではなく、スマホやパソコンによる通信機器をも遮断するものでした。これで再びエリオルと連絡が取れなくなってしまいます。

エリオル、今回は日本にはこないのかな?

海渡の目的は?

◆さくらのカードが欲しい
◆『協会の術具で「魔法」を発動させる』ことが真の目的

『さくらのクリアカード』と『協会から奪った術具』の2つがあれば『魔法』を発動できるってことのようです。

『協会の術具』というのは『時計の国のアリス』と『懐中時計』のことだと思っているのですが、どうでしょうね? おそらく『魔法の国のアリスの内容』と『魔法』が関連しているのだと思います。

『魔法の国のアリスの内容』は『さくらが体験した出来事』になっています。つまりは『魔法の国のアリスのストーリーを進めること』においてさくらが必要であり、最終的には『さくらのクリアカード』も必要になると。そこまでやって『「魔法」を発動させることができる』ということなのではないでしょうかねぇ。

つまりまとめてしまうと『海渡は全てさくらにやらせている』ということでしょうか。海渡、ある意味、やりたい放題です。

そういえばアニメの方で海渡は『時間を戻す能力』をつかっていました。もしかしたら、さくらがミスを犯して傷ついたとき、海渡が時間を戻して再びそうならないようにフォローしてあげている・・・・・、なんてこともやっているのかも?

さくら『自分のことがよくわかっていない』

曾おじいさんの別荘からの帰り道、さくらは小狼に『自分のことをよくわかっていない』ことにかんして悩みを打ち明けます。

これは、さくら自身は『自分の魔力が暴走している』ことはわかっていないけれど『小狼の反応を見ていれば自分が物凄く心配されていることがわかる』ということなのだと思います。そして、小狼が一体何を心配しているのかがよくわからない。そういった不安な気持ちを語っているシーンなのだと思いますよ。

家に帰ると、家が何故か左右反転してしまっていました。さくらは杖を使ってカードを封印。そのカードはさくらカードの『ミラー』に雰囲気が似ているものでした。クリアカードの謎も発覚したわけですし、今後は明確に似たカードを出してくるものと思われます。

しかし、どう考えても原因は『エリオル』ですよねぇ。さくらを『クロウリード以上の魔術師』にしたのは実質、エリオルです。自分が『最強の魔術師でなくなるために、さくらを最強の魔術師にした』わけですから。

自ら最強にしておいて『強い力は己自信を不幸へと導く』とうい話になっても、『エリオル、なんてことしてくれたの!?』という話にしかならないように思えます。

そういえば、桃矢の『新しい能力』がいまだに謎ですね。

漫画とアニメでは方向性が違う?

漫画の方は『暴走するさくらを小狼が助ける』という流れになってきているように感じます。

対して、アニメの方はメイリンちゃんの発言から考えるに『小狼がさくらの為に頑張りすぎている』『だからさくらが幸せになって、小狼に無理をさせないように・・・』といった感じです。

つまり、漫画は『さくらではどうすることもできない状況』って雰囲気であり、アニメの方は『「絶対大丈夫だよ」で、さくらは大丈夫』という雰囲気です。もしかしたら、アニメは原作通りには進まず、若干異なる結末を用意しているってことなのかもしれません。

スポンサーリンク

◆漫画アニメ:クリアカード編◆