スポンサーリンク

【アニメ】カードキャプターさくら

◆クロウカード編◆
1話2話3話4・5・6話7・8話9・10話
11・12話13・14話15・16話17・18・19話20話
21・22

◆調査考察まとめ◆
クロウカード(1)(2)さくらの部屋木之本家桃矢の部屋桃矢のアルバイト知世の家知世のコーラス部小狼まとめ通学路ペンギン公園撫子まとめ

◆クリアカード編◆
1話2話3話4話5話
6話・7話・8話・9話・10話
11話・12話・13話・14話・15話
16話・17話・18話・19話・20話
21話・22話

今回のアニメの内容

今回の『アニメ第3話:さくらの大雨注意報』の話は『単行本第2巻の5話と6話の話』でした。原作に忠実な内容だったと思います。

内容に関しては原作の第5話と第6話のチェックをお願いします。

漫画に関しては電子書籍の『Renta』で手軽に購入可能です。なお、当ブログ主は『単行本』も『月刊誌なかよし』も『Renta』にて購入しています。パソコンでもスマホでも漫画を読むことができますのでとても便利ですよ。

『包囲』のカードの能力

大雨を降らせていた原因である『水源』のカードを、さくらは『包囲』のカードで捕らえました。どうやらペンギン大王の中にいたようですが、包囲のカードでそのまま包み込んでしまいます。包み込んだ後、ペンギン大王はすり抜けて、水源のカードのみを包み込んでしまったんですよね。

つまり、包囲のカードの能力は『目的の物のみを包み込むことができる』ということのようです。それ以外はすり抜けてしまいます。

ただし、包囲は風船のようなものでできていますので、内部のものがとがったもので攻撃してきた場合は『包囲』もとけてしまうはずです。今回の場合『水』でしたから包囲することに成功したんでしょうね。

小狼が気にしているのは『さくらカード』の方?

アニメの方を見ていて気になったのですが、小狼は『さくらカード』の方を強く意識しているように見えました。まるで『クリアカードを入手すれば、さくらカードの方に何か変化が起こる』と知っているかのようです。

原作の方では気が付きませんでしたが、そもそも小狼は今回の事態に関して色々と知っているわけです。その小狼が『さくらカード』を気にかけたという事は、『クリアカード』と『さくらカード』には何らかのつながりがあるのだという事だと考えられますね。

そのうち、透明になっている『さくらカード』に何らかの変化が現れるという事なのかもしれません。

木之本家の洗面所、お風呂、トイレの図面

アニメの世界の『木之本家』の構造を調べています。前作の20数話まで調べた上で、トイレ、お風呂の位置がいまいちよくわかっていませんでしたが、今回のアニメを観てわかりました。このような構造になっていたようです。

これで木之本家の1階の構造が完璧にわかりました。別記事にてまとめていますので参考にしてください。

◆木之本家の構造
https://sakura-clearcard.xyz/archives/1065

しかし、前作の内部構造と見比べてみるとちょっと違うような気も・・・・・?

小難しい顔をしている桃矢

アニメを見ていてよく思うのは『桃矢はいつも小難しい顔をしているなぁ』ということです。確かに原作でもそんな感じではありますが、アニメの方が際立ってそう感じます。OPの桃矢もそんな感じですし。

『桃矢の魔力を雪兎(ユエ)にやってしまったから』

という事なんでしょうかねぇ。私はまだ前作の方は20数話程度しかチェックできていませんので、桃矢が魔力をやって以降どうなっているのかは正確に把握できていません。

桃矢の『新しい能力』に関して話している時も何だか暗い顔をしているように思えます。雪兎の言うところの『嫌な事』の可能性大です。

撫子さんの回想シーンが無い

原作の方では、お父さんが撫子さんの事を気に掛けるシーンが第3話にあります。しかし、アニメの方では存在しませんでした。これはアニメと原作(漫画)の内容の違いによるものだと考えられます。

◆原作の方
エリオルの魔力の半分をお父さんが持っている

◆アニメの方
そういった設定は無い

つまり、原作の方のお父さんには、撫子さんの幽霊を見ることはできるのですが、アニメの方のお父さんは幽霊の撫子さんを見ることができません。

そのため、アニメの方には『撫子さんの事を気に掛けるシーン』が存在しなかったと考えられます。