◆前回のあらすじ◆

夜、自分の部屋にいるときにクリアカードの気配を感じ取ったさくらは、小狼と知世に連絡しカードの元へ向かいます。そこにいたのは『火の鳥』でした。さくらは『水源(アクア)』のカードを使って火を消そうとしますが、火の鳥の炎はすさまじく、水を一瞬で蒸発させてしまいます。次に小狼の攻撃。小狼は懐から何かのカードを出すと風の能力を使って火の鳥を圧倒してしまいます。弱った火の鳥を、さくらは封印することに成功します。

次の日の朝、秋穂はまた夢を見ていました。夢の中で秋穂は誰かを見ていて、その人物は自分が欲しい物を持っている人だった・・・と海渡に話をします。

朝、寝坊したさくらは急いで準備をします。1階に降りていくとお父さんがいました。大学に泊まる予定だったのですが必要な書類があったため戻ってきていたのです。桃矢は早朝のバイトに行っていました。いつものように、さくらが写真タテのお母さんにおはようの挨拶をしたところ、急に目の前にお母さんが!? 何か心配そうな顔をするお母さんはすぐに消えて行ってしまいました。

スポンサーリンク

(漫画)カードキャプターさくら

◆(一章)クロウカード編◆
第1巻1話2話3話4話5話)・(1巻まとめ
第2巻6話7話8話9話・10話)・(2巻まとめ
3巻4巻5巻6巻

◆(二章)さくらカード編◆
第7巻27話・28話・29話・30話)
第8巻(31話・32話・33話・34話)
第9巻(35話・36話・37話・38話)
10巻・11巻・12巻

◆(三章)クリアカード編◆
第1巻1話2話3話4話)・(1巻まとめ
第2巻5話6話7話8話)・(2巻まとめ
第3巻9話10話11話12話13話
第4巻14話15話16話17話18話
第5巻19話20話21話22話23話

最新『カードキャプターさくら クリアカード編』

◆登場キャラクター◆

撫子さんが見えたことが気になるさくら

さくらは今日の朝、お母さん(撫子)の幽霊が見えたことが気になってしまいます。お昼、さくら、知世、千春、奈緒子の4人でお弁当を食べていましたが、皆の話に集中できません。

皆が話をしていたのは奈緒子ちゃんの『演劇部の脚本』に関してでした。奈緒子ちゃんはなかなかうまく書けないと皆に話をするのですが、さくらは聞いていなかったため、『?????』状態です。

雰囲気で察するに、どうやら奈緒子ちゃんは『さくらと小狼』の二人のラブラブな状況を脚本として書いているようですね。そのうち『奈緒子ちゃんの演劇回』のストーリーがありそうです。

秋穂ちゃんは両親と離れ離れ

4人のお弁当に、遅れてやってきた秋穂ちゃんも合流。秋穂ちゃんは職員室に『転校手続きの書類の確認』に行っていたのです。

秋穂ちゃんのお弁当は海渡が作った『キャラ弁』でした。本やテレビなどで作り方を勉強し、秋穂の為につくってくれたのです。

秋穂
『今までも他の国に行った時』
『そこのおいしい料理を作ってくださってました』

どうやら海渡は色々な国の料理をつくれるようです。

そんな秋穂を、さくらは少し気にかけます。秋穂は家族の人と離れ離れで他国への引っ越しを繰り返しているからです。

さくら
『家族の人たちと離れてるの、さびしくない?』

秋穂
『・・・・・時々・・・』
『でも、海渡さんもいてくださいますし』

秋穂は人間では無いと思う

秋穂が置かれている状況は、
・家族と離れ離れ
・秋穂と海渡の2人で、色々な国を転々と引っ越している
という状況になります。

これは考えてみますと極めておかしな状況です。といいますのも、
・両親が仕事で忙しく、世界中を飛び回っている
・学校もあるため秋穂は一人日本で暮らしている
・秋穂の面倒を見るために海渡がいる
こういう状況なら理解できるんですよね。『秋穂が両親と離れ離れになって秋穂自身が世界中を転々とする理由』が存在しません。仮に両親が世界中を飛び回っているのであれば、秋穂もついて行けばいいだけの話です。離れ離れになる理由がありません。

以前にも書きましたが、おそらく秋穂は『以前の雪兎』と同じ状況にあるのだと思います。雪兎は自分を人間だと思っていましたし、自分にはおじいちゃんとおばあちゃんがいて一緒に生活していると思い込んでいました。しかし、それは事実ではなく、ユエが作り出した偽りの記憶だったんですね。

おそらく秋穂ちゃんも同じような状況であり、記憶を操っているのが『フードの人物』か『海渡』のどちらかなのだと思うんですよね。

スポンサーリンク

日曜日の朝のお弁当作り

日曜日に小狼は時間が空いているということを知り、さくらは2人でお出かけをするという約束を取り付けます。

そして、日曜日の朝。

さくらは小狼と一緒に食べるためのお弁当の準備をします。そして、ケロちゃんは雪兎さんの家に行って掃除のお手伝いをする予定です。さくらはケロちゃんと雪兎さんのための重箱(大食いの雪兎さん用)も用意します。

そこで電話が鳴ります。知世ちゃんのお母さんの園美さんでした。

園美さんによると『さくらのひいお爺さん』がどうしても今日さくらに会いたいと言うのです。さくらに渡したいものがあり、明日から海外で数ヶ月ほど会えなくなるから、と。さくらは予定を変更して、ひいお爺さんに会いに行くことにします。

その後、知世ちゃんからさくらと小狼の2人にメッセージが届きます。さくらだけでなく小狼も一緒にひいお爺さんの所に行って欲しい、ということでした。

わんぱくな兄、桃矢くん

園美さんからの電話を取っている時に、ケロちゃんがつまみ食いをしようとします。

さくら
『つまみ食い、ダメだよ!!』

おもわずそう言ってしまうさくら。それは電話越しに園美さんにも聞かれてしまいました。

では、木之本家で『つまみ食い』をする人物とは一体誰のことなのか? あの完璧な藤隆さんがするはずがないということは園美さんにもわかっているはずです。ということは・・・・・『桃矢』しか該当者がいません。

さくら
『つまみ食い、ダメだよ!!』

桃矢
『あわわ』

というのが園美さんのイメージ映像になるだろうなと考えられます。一回りも歳が離れた妹に注意されている桃矢ですか・・・・・、なるほど・・・・・。

園美
『まぁ、桃矢くんもわんぱくね(くすくす)』

くらいには思われてしまったに違いありません。桃矢、どんまい!!

ひいお爺さんに会いに別荘へ

さくらは久しぶりに会ったひいお爺さんに小狼を紹介します。ひいお爺さんは2人を快く出迎えてくれました。

さくらと小狼は用意していたお出かけ用のお弁当を持参します。ひいお爺さん、さくら、小狼の3人でのお食事会となりました。

さくらとひいお爺さんは頻繁に会っている

前作の話では、『さくらのひいお爺さん』であることをさくらは知らないはずですし、知る機会もありませんでした。しかし、現在では当たり前のように知っている雰囲気です。

前作から1年くらいは時が流れていますし、おそらくその間に『さくらのひいお爺さん』であることを知る機会があったのだと思われます。

知世ちゃんと園美さん

こうしてみると、知世ちゃんと園美さんは親子なのに似ていませんねぇ。むしろ『さくらと知世ちゃんは双子』とした方がしっくり来るようにも思えます。まぁ今までの話の流れからしてありえませんが。

果たして『ひいお爺さん』がさくらに渡したいものとは一体何なのか!?

エリオルは自分たちに何か隠している!

雪兎の部屋の片づけを手伝いに行っていたケロちゃん。掃除も一通り片付いて、さくらの作ってくれたお弁当を食べ始めます。

雪兎は今日はバイトが休みで、桃矢は一人、バイトに行っているとのこと。

雪兎はユエの姿となり、ケロちゃんと本題を語りだします。

ケロちゃん
『エリオルがさくらの連絡に返事してこんのは・・・』

ユエ
『・・・意図的だろう』

ケロちゃん
『あいつ、何か隠しとるな』

エリオルから連絡が来ない!!

まさに『今更』って感じの事ではありますが、エリオルから連絡が来ません。2話くらいから音信不通なんですよね。もう20話ですし。

クリアカード編は結構、ストーリー展開はゆっくりだと思います。一応、今回の話を含めると、さくらは日曜日に小狼と2度のお出かけをしていることになります。ですから、ストーリー上、2~3週間は立っていると思うんですよね。

桃矢がアルバイトをしている理由

・自分の学費は自分で何とかしたい
・さくらの進学のための助けもしたい
・それ以外でもさくらの援助をしたい

こういった理由から、一生懸命にアルバイトをしているようです。

もともと桃矢には『未来を見る能力』がありました。現在は無いと思いますが。シスコンの桃矢の事ですから、さくらの将来の事を心配して、かなり先までさくらの未来を確認していたのかもしれません。

そして、さくらには多くのお金が必要になる時が来るということがわかりました。だから、できる限り自分がアルバイトをして、さくらの将来のためにお金をためておきたい・・・・・とも考えられます。

スポンサーリンク

◆漫画アニメ:クリアカード編◆