前回のあらすじ

中学へ進学することになったさくら。

そして、小狼もまた、さくらと同じ中学に通うため香港から友枝町に帰ってきました。

これから楽しい中学校生活が始まる。そう思っている矢先・・・・・さくらは不思議な夢を見ます。透明になり砕け散ったカード。そして、フードを被った謎の人物・・・・・。

目を覚まし、慌ててカードを確認してみると・・・・・・・。

スポンサーリンク




(漫画)カードキャプターさくら

◆(1期)クロウカード編◆
1巻2巻3巻4巻5巻6巻

◆(2期)さくらカード編◆
7巻・8巻・9巻・10巻・11巻・12巻

◆(3期)クリアカード編◆
第1巻(1話2話3話4話1巻情報まとめ
第2巻(5話6話7話8話2巻情報まとめ
第3巻(9話・10話・11話・12話)

最新『カードキャプターさくら クリアカード編』

◆登場キャラクター◆

スポンサーリンク




カードの事を月に相談

『緊急事態』ということで、さくらとケルベロスは、雪兎(月)の元へ相談に行きます。

さくらは月に事情を説明します。
・昨日、夢を見たこと
・透明なカードが浮いていて砕けたこと
・フードみたいなものを着た謎の人物がいたこと。

カードからは何の魔力も感じられません。

さくら自信はというと、鍵を杖に戻すことは可能です。つまり、さくらの魔力が無くなったというわけではないということです。

そして、フードをかぶっていた謎の人物。それが誰なのか、どういった人物なのかはまったくわかりません。

しばらくは様子を見るしかありませんでした。

小狼と知世にも相談

さくらとケルベロスは、学校で小狼と知世にもこのことを相談します。

肝心の小狼も、やはりわからないようでした。

小狼
『けれど、夢をみたんだったな』
『夢にいた誰かが無関係とは思えない』

さくらたちの学校生活

1年2組。さくらがいる教室。

さくら、知世、千春はお昼を一緒に食べようと楽しく会話。千春がお菓子を作って持ってきてくれたのです。

千春はお菓子作りがうまいので、さくらも大喜びです。

知世
『山崎くんは美味しいお菓子がいつも食べられて良いですわね』

千春は自分のクラスはともかくとして、1-3の小狼が心配だと言います。その理由は・・・・・。

1年3組の小狼がいる教室。

山崎くんがいつものように嘘の作り話を始めます。そして、奈緒子も同調します。

山崎
『「なれ」ってね架空の動物「なれ」から来てるんだよ』
『中国の文献に出てくるよね』
『「なれ」っていうのはものすごくフレンドリーでね』
『誰にでも親しく接してくそうでね』
『そこから「なれなれしい」とか「なれる」とかっていう言葉ができたんだ』

奈緒子
『うんうん、読んだことあるかも』

その話を真に受ける小狼。

小狼
『そうだったんだね知らなかった』
『二人ともおしえてくれてありがとう』

嘘をつく二人に囲まれて、苦労しそうな小狼でした。

二日目のさくらの夢

イギリスのエリオルにも相談のメールを送っていたのですが、夜になっても返事は来ていません。

時差の関係上、もう少し待ってみようというケロちゃん。

そして、さくらは眠りにつきます・・・・・。

眠りにつくと・・・・・また、夢を見ました。

謎のフードの人物が目の前に現れます。

砕けた透明のカード。それがさくらの腕の中へ集まり始め・・・・・

さくらは目を覚まします。

すると、左手の中に光るものがありました。手を広げてみると、そこにあったのは夢の中に出てきた『鍵』だったのです。

その鍵は、光の道を放ち、窓の外を指し示します。

さくらが窓を開けてみると・・・・・外には不思議な光景が広がっていました。

◆感想◆

ということで、第2話です。

8話まで見ているってこともありますが、明らかに小狼は『何かを知っている』って顔をしていますね。そして、さくらの夢に出てくる『謎の人物』を強く意識しているように感じます。

こうなってくると、小狼は『香港の用事が終わったから』ではなく、『また何か起こるとわかっているから』さくらの元へ戻って来たって感じなのだと思われます。