16年ぶりの連載再開!

カードキャプターさくらの続編が、2016年なかよし7月号から開始しました。

前作は1996年6月号~2000年8月号で終了となりましたので、実に16年ぶりの再会となります。

前作が『クロウカード編』『さくらカード編』と終了となっており、今回始まるのは『クリアカード編』となっています。

(漫画)カードキャプターさくら

◆(一章)クロウカード編◆
第1巻1話2話3話4話5話)・(1巻まとめ
第2巻6話7話8話9話・10話)・(2巻まとめ
3巻4巻5巻6巻

◆(二章)さくらカード編◆
第7巻27話・28話・29話・30話)
第8巻(31話・32話・33話・34話)
第9巻(35話・36話・37話・38話)
10巻・11巻・12巻

◆(三章)クリアカード編◆
第1巻1話2話3話4話)・(1巻まとめ
第2巻5話6話7話8話)・(2巻まとめ
第3巻9話10話11話12話

最新『カードキャプターさくら クリアカード編』

◆登場キャラクター◆


スポンサーリンク
————————————————————-

中学生になったさくら

小学生だったさくらも成長し、中学生となりました。

中学の制服に着替え、髪を整え、準備万端で階段を下りていきます。

お父さんは中学生の制服を着ているさくらを見て、その成長に感慨深げです。

お兄ちゃんはいつも通り、意地悪な言葉を投げかけるのでした。

そして、さくらは学校へ向かいます。

戻ってきた小狼

中学への通学路、綺麗な桜が辺り一面に咲いています。

綺麗に咲く桜を見ながら、皆とお花見をしたいなと考えるさくらでした。が・・・・・一番一緒にいたい小狼がいません。香港にいるからです。

何だか寂しい気持ちになってきたさくら。

すると・・・・・そこへ現れたのは、その小狼でした。

小狼は、これからずっとこの町にいられる。

二人はこれから一緒にいられる喜びと、今まで離れ離れだった寂しさをうめるかのように抱きしめあうのでした。

・・・・・そこで気が付く知世の視線。

知世も相変わらず、可愛いさくらを撮るのに夢中です。

クマの人形の交換

学校帰り。

小狼はさくらを家の前まで送ってあげます。もう少し、一緒にたかったからと。

そして、学校に持ってきていた『さくらからもらったクマの人形』をさくらに手渡します。

小狼
『作ってくれた人と離れてて寂しかっただろうから』
『少しの間一緒にいてやってくれないか』

さくら
『・・・うん。あ、でもそれなら』
『「小狼」君も作ってくらた人と会いたいよね』

小狼
『そうだな、だったら少しの間交換しよう』

こうして、お互いプレゼントしあったクマの人形を交換し合うのでした。

スポンサーリンク
————————————————————-

イギリスにいるエリオル君と観月先生

夜、さくらは自分の部屋で、エリオルに電話をします。

電話内容は、小狼が帰って来たこと。そして、クラス替えに関して。

さくらはこうやってエリオルと定期的に連絡しあっています。

そして、エリオルと一緒に住んでいる観月先生とも

エリオル
『さくらさんも、もっと仲良くなりたい人と』
『これですぐに会えるようになりますね』

さくら
『・・・・・うん』

エリオル
『では今日はいい夢が見れそうですね』
『最近、夢を見ないとおっしゃっていたでしょう』

さくら
『うん、中学になって色々忙しいからかなぁ』

エリオル
『お元気ならそれが一番ですよ』

さくらが見た夢

その夜、さくらは久しぶりに夢を見ました。

夢の中に現れたのは・・・・・カード。

しかし、カードを見ても何も描かれておらず、全て透明です。

そこへ現れた謎の人物。フードのようなものを着ており、誰だかわかりません。

さくら
『だ・・・れ・・・あなたは』

そういうと、急に透明のカードたちは砕けちってしまいます。

わけもわからず飛び起きるさくら。

慌ててカードを確認するのですが・・・・・・・。

◆感想◆

ということで、『カードキャプターさくら クリアカード編』の第1話でした。

私自身が、前作のクロウカード編の途中までしか見ておらず、内容を見ていてもいまいちピンと来ないことが多かったため、前作の全12巻を軽く流し読み程度に確認しました。

さくらが中学になって小狼と再会するシーン。これって、前作の最終話で描かれていたんですねぇ。そして、そこからまた新たに物語が始まるってことのようです。

この時点ではまだ何が始まるのかってことはわかっていません。ファンの皆さんとしては『久しぶりに”カードキャプターさくら”を楽しめた!』ってところではないでしょうかねぇ。

雪兎さんからプレゼントされたというこのブローチ?のようなもの。第8話まで読んでいますが、今のところ、何か意味があるアイテムなのかは謎です。

スポンサーリンク
————————————————————-