2018年1月から始まる『クリアカード編』のアニメ化記念として書いています。

今回は単行本1巻の第2話。『翔(フライ)』のカードが登場です。大人しいはずの『翔』が暴れまわってしまって、さくらが大苦戦する話です。

スポンサーリンク

(漫画)カードキャプターさくら

◆(一章)クロウカード編◆
第1巻1話2話3話4話5話)・(1巻まとめ
第2巻6話7話8話9話・10話)・(2巻まとめ
3巻4巻5巻6巻

◆(二章)さくらカード編◆
第7巻27話・28話・29話・30話)
第8巻(31話・32話・33話・34話)
第9巻(35話・36話・37話・38話)
10巻・11巻・12巻

◆(三章)クリアカード編◆
第1巻1話2話3話4話)・(1巻まとめ
第2巻5話6話7話8話)・(2巻まとめ
第3巻9話10話11話12話
第4巻13話14話15話16話
第5巻17話18話・19話・20話)

最新『カードキャプターさくら クリアカード編』

◆登場キャラクター◆

夜の校庭へ

学校の校庭で大きな鳥のようなものをみたさくらは、家に帰ってケロちゃんに相談。クロウカードの可能性が高いということで、夜の校庭に忍び込むことになりました。

知世ちゃんが用意してくれた衣装を着て学校の校門へやってくるさくら。知世がもう来ていました。

知世ちゃんには珍しい三つ編みヘアーです。ショートのさくらと違って、知世ちゃんは髪が長いので色々できていいですねぇ。可愛らしいです♪

しかし、知世ちゃんのボディーガード達も、さくらの衣装を見て、『派手だなぁ』と思ったことでしょうね。知世ちゃんが作った衣装ですけど。

校庭にいたのは『翔(フライ)』のカード

今回の衣装は花がふんだんに使われています。知世ちゃんもうっとりですね。

そして、やはりいました『翔』のカードです。これは相当デカいですね。高さだけでも10mくらいはありそうです。

さくらは今までどおり『風』のカードでとらえようとしますが、『翔』には通用せずに吹き飛ばされてしまいます。完敗です。

カードキャプターとして、初めての敗北をきっしてしまいました。

さくらが負けるパターンってあまり記憶にないんですよね。記憶にあるのは、公園の湖の底にお母さんがいた時の話でしょうか。他にも後1~2回あったような気もしますが、いずれ調査してみようと思います。

スポンサーリンク

ケロちゃんの解説

ケロちゃん
『「翔」のカードには「風」の魔法はきかん』
『「翔」は「風」の属性やからな』

『翔』はもともと大人しいカードなのですが、何故か暴れまわっています。ケロちゃんもその理由がわかりません。

この後、さくらが眠って『予知夢』を見ることで原因がわかります。どうやら『翔』は怪我をしていておびえていたってのが理由のようです。

次の日、2度目の挑戦

ということで、次の日の夜、2度目の挑戦となります。

何と2度目の衣装です。知世ちゃんもノリノリですね(笑)。

『翔』相手に、さくらはまた吹き飛ばされてしまいますが、『樹』のカードでクッションを作りノーダメージ。

『跳』のカードで『翔』に飛びかかります!

そして、やさしく抱きしめ包み込んであげるさくら。

痛さで怖がっているから抱きしめて、落ち着かせてあげようという考えです。

安心した『翔』のカードは大人しくなり、無事、カードに戻っていきました。

アニメの第1話では、この『翔』のカードが登場します。ちなみに、この時はまだ知世ちゃんに話していないので、なんと寝巻で戦うことになりました。

まぁ、実を言うとしっかりと知世はさくらが戦っている姿を見ていてビデオに撮影していたりするんですけどね。ちょこちょことアニメとの設定の違いに気づかされます。

弓道部で活躍する雪兎さん

今回、雪兎さんが『弓道部の助っ人』として早朝試合に参加している話がありました。

雪兎は運動神経が良いため、色々な部活の試合で助っ人として活躍しているようです。

とは言っても、この設定での話はもう今後、語られていないように思います。お兄ちゃんも第1話で『サッカー部』と言うことになっていましたが、以降の話にはサッカーが語られている場面などなかったように思いますね。むしろ2人とも『バイト』ってイメージです。

現在、さくらが保有しているカード

さくらが現在保有しているカードは、入手順で説明しますと

①『風』のカード
②『樹』のカード

この2枚はとても大人しいカードであるため、自分からカードに戻ってくれたとか。最初の2枚は大人しくてラッキーでしたね。

③『跳』のカード

第1話の冒頭で入手したのがこのカード。巨大化して抵抗してきましたが、何とか捕まえることに成功します。

④『翔』のカード

そして今回がこれですね。

これで、さくらが保有するカードは4枚になりました。

スポンサーリンク